ムーディーズジャパン
(格付2006/1/30)
[Aa2]
 アメリカンファミリー
 アリコジャパン
 AIGエジソン生命
 東京海上日動火災
[Aa3]
 損害保険ジャパン
 三井住友海上火災
[A1]
 ジブラルタ生命
 日本生命
[A2]
 日本興亜損害
[A3]
 第一生命
 大同生命
 明治安田
 あいおい損害
[Baa1]
 太陽生命
 富国生命
[Baa3]
 住友生命
[Ba1]
 三井生命
[B3]
 朝日生命




医療保険の比較研究室

生命保険の医療特約を解約し、新たな医療保険に入るまでの比較検討した経緯をグラフや表でわかりやすく解説します。節約・倹約の参考にして下さい。

 目次(サイトマップ)
  
はじめに
  
終身か10年更新型か
  
終身タイプの各社比較
  
生涯保険料(各社最安商品比較)
  
生涯保険料(同一条件比較)
  年払はどのくらいお得か   
  高額療養費(高額医療費)   

 
1入院あたりの平均入院日数
 1日あたりの自己負担医療費
 医療保険の加入率
 私が解約した保険
 子供の保険
 保険の相談・苦情事例
 共済系保険(全労済など)
 出典データベース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の保険

 子供の保険でぜひ加入してほしいのが賠償保険です。他人にケガをさせたり、他人のものを壊すことは子供にはつきものですが、定額の損害賠償ですむとは限りませんので、そんな時に対応できる第三者への損害賠償に対応した賠償保険、賠償特約付きの保険に加入しておけば安心です。
 また、子供の場合大人と違い死亡時保障金はほとんど必要なく、逆にケガの場合の通院保障や入院保障が手厚いことが求められます。
 共済系子ども保険では、入院時の給付金5000円と通院給付金2000円が共通の保障内容となっており、一番の売れ筋保障であることがわかります。

 共済系の子ども保険
 こくみん共済「キッズタイプ」、COOP共済「ジュニア18」、県民共済・都民共済「こども1型」が子ども保険の代表商品です。共済系の保険には損倍賠償保険も付加されている(あるいは付加できる)ので加入する場合はセットで申し込みたいところです。
 保険料を比較すると、病気になっても長期入院がすくないせいか子ども保険の保険料は大人に比べ格安です割戻金を差し引きすると、月500円~600円になります。

 外資系の子ども保険
 ここで比較したのは、子ども保険ではなく、0~80歳まで加入可能な終身保険(アフラックのエバー)に子どもが入った場合のケースです。
 共済系の保険料に比べると高く、保障内容にも不満が残るところですが、一旦入ると掛け金は一生変わらないのが魅力です。

 トータルバランスを考慮すると、子供が成人になるまでは共済系の子供保険に加入し、その後に終身医療保険に加入するのをお薦めします。成人になった時に加入する終身医療保険はタイプが様々で、加入期間も長くなる事からじっくりと検討する必要があります。

商 品 名アフラック
エバー
こくみん共済
キッズタイプ
COOP共済
ジュニア18
都民共済
こども1型
入院保障5000円/日
1日目から
最高60日
5000円/日
5日目から
最高180日
6000円/日
1日目から
最高360日
5000円/日
1日目から
最高360日
通院保障-2000円/日
1日目から
最高90日
2000円/日
1日目から
最高90日
2000円/日
1日目から
最高90日
月々の掛け金1240円(10歳)
1355円(15歳)
1490円(20歳)
900円1000円1000円
割戻金・割戻率--36.6%-15%-39.56%
実質の掛け金同上570円750円604円
保険期間終身1年1年1年
骨折・脱臼(特定損傷)-50000円

第三者への損害賠償-100万円※1100万円
手術80000円
5~20万円2~20万円
死亡・重度障害
200~600万円100~150万円200~500万円
要介護時の支援金
200万円

扶養者の死亡
30~350万円4~100万円50~350万円
加入年齢0~80歳0~14歳0~18歳0~17歳
※この情報は平成18年2月1日時点のものです。
スポンサーサイト

テーマ:保険比較 - ジャンル:ライフ


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://letsgotel.blog24.fc2.com/tb.php/33-10fc4fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こくみん共済 都民 共済の話

こくみん共済 2005年度の割戻し金が判明2005年に加入した、全労災のこくみん共済(医療タイプ)の割戻し金の結果がわかった。 2005年度は、割戻し金470円(掛け金の約29.3%)となっており、 残念ながら2004年度実績の580円(約36.2%)から減少している。 自分は都民共済(...

  • 2007/12/07(金) 01:11:15 |
  • こくみん共済の情報局

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。