ムーディーズジャパン
(格付2006/1/30)
[Aa2]
 アメリカンファミリー
 アリコジャパン
 AIGエジソン生命
 東京海上日動火災
[Aa3]
 損害保険ジャパン
 三井住友海上火災
[A1]
 ジブラルタ生命
 日本生命
[A2]
 日本興亜損害
[A3]
 第一生命
 大同生命
 明治安田
 あいおい損害
[Baa1]
 太陽生命
 富国生命
[Baa3]
 住友生命
[Ba1]
 三井生命
[B3]
 朝日生命




医療保険の比較研究室

生命保険の医療特約を解約し、新たな医療保険に入るまでの比較検討した経緯をグラフや表でわかりやすく解説します。節約・倹約の参考にして下さい。

 目次(サイトマップ)
  
はじめに
  
終身か10年更新型か
  
終身タイプの各社比較
  
生涯保険料(各社最安商品比較)
  
生涯保険料(同一条件比較)
  年払はどのくらいお得か   
  高額療養費(高額医療費)   

 
1入院あたりの平均入院日数
 1日あたりの自己負担医療費
 医療保険の加入率
 私が解約した保険
 子供の保険
 保険の相談・苦情事例
 共済系保険(全労済など)
 出典データベース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1入院あたりの平均入院日数

ここでは、年齢別の平均入院日数・入院日数の分布・疾病別(病気別)の平均入院日数について比較検討した結果を、グラフや表で説明します。
stay01.jpg

 ↑厚生労働省が発表した「患者調査の概況2002」によると、1入院あたりの平均入院日数(退院患者平均在院日数)は、病院40.1日、一般診療所19.0日となっており、平成11年と比べると病院は1.7日短く、一般診療所は0.3日短くなっています。
 年齢階級別でみると、70歳以上では約57日と最も長くなっています。
 医療保険に入る際にはこれを参考に、1入院の入院日数の設定を考えてみましょう。
 但し、疾病別の平均入院日数は異なることから、3大成人病やガン等特定疾病のみ対象とした医療保険商品についても検討してみましょう。


stay02.jpg

 ↑次に、グラフで入院期間の分布を比較すると、2週間未満の入院が60%、1ヶ月未満が18%、3ヶ月未満で16%となっており、トータルすると3ヶ月未満入院が94%を占めています。
 また、1ヶ月未満の入院が78%となっており、ほとんどの入院は短期間であることがわかります。
 そして気になる3ヶ月以上の長期入院はわずか6%、医療保険における1入院あたりの限度日数を60日にするか90日以上にするかは保険料に大きく影響するため、平均値を信じて60日支給タイプに加入すれば保険料の節約につながります。
 個人的には入院保障の限度日数を180日まであげる必要はなく、心配であれば特定疾患(ガンなどの三大成人病)にかかった場合だけ限度日数が延長されるタイプの医療保険に加入することをお勧めします。


stay03.jpg

 疾病別(病気別)の平均入院日数の比較
 ↑1入院あたりの病気別入院日数は、胃ガンで38.2日、大腸ガン34.1日、肝臓ガン30.4日、肺ガン39.7日でガン平均では28.9日となっています。
 また、心臓病29.3日、糖尿病42.3日と意外に入院日数は短いことがわかります。但し、脳血管疾病(いわるゆ「脳卒中」のことで、「脳梗塞」、「脳内出血」、「クモ膜下出血」などが該当します)では102.1日と長期入院となっていることがわかります。
 性別別で比較すると、ほとんどの病気で女性の方が男性より入院日数が多いようです。
 これらより、60日保障の医療保険でほとんどの入院がカバーされると言えますが、万が一の保険であり、またグラフ記載の病気は比較的入院期間の長いものを抜粋しており、やはり三大成人病の入院日数は他と比べて長いことから、特定疾病を対象とした保険は理にかなっているものであると言えます。

   なお、ここで紹介したデータは厚生労働省発表の「患者調査の概況2002」から出典していますので、さらに詳しく調べたい方はリンク先からご確認下さい。 【“1入院あたりの平均入院日数”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:保険比較 - ジャンル:ライフ


保険の加入率

(財)生活保険文化センターの2004「生活保障に関する調査」では、何らかの手段で保障の準備をしている割合は、

医療保障 79.3% (医療保険や生保特約に該当ですね)
死亡保障 70.8% (生命保険)
老後保障 61.5% (年金保険)
介護保障 39.2% (介護保険)

おそらくほとんどの生命保険加入者は医療特約をつけており、医療保険だけ加入している人も1割程度いることがわかります。

【“保険の加入率”の続きを読む】

テーマ:保険比較 - ジャンル:ライフ


出典元

患者調査の概況2002 (厚生労働省発表)
平均入院日数(平均在院日数)が年齢階級別や疾病分類別にわかります。

(財)生命保険文化センター
生命保険の基礎知識や生命保険に関するQ&A(FAQ)などあります。
保険の用語から生命保険料控除までわかりやすく解説されています。

生活保障に関する調査2004 ((財)生活保険文化センター)
入院1日あたりの自己負担医療費や老後の最低日常生活費などがわかります。

【“出典元”の続きを読む】

医療保険の用語集

医療保険に関する用語集や用語解説のページ紹介

(財)生命保険文化センター 用語辞典

損保ジャパン 保険用語集

全国保険医団体連合会
医療費の国際比較などアカデミックな基礎データの解説もあります

@保険どこに加入したらいいの?
一覧表示となっておりコンパクトにまとまっています。

(社)生命保険協会
生命保険会社の決算資料について、用語集で解説されています



【“医療保険の用語集”の続きを読む】

1日あたりの自己負担医療費

平成17年1月に生活保険文化センターが発表した「生活保障に関する調査2004」結果では、下記のような報告がされています。1日平均15000円の自己負担額には差額ベット費用等も含まれているため、最低限必要な保障額としてやはり1万円程度が妥当なところです。

(以下レポートから抜粋)
高まる公的保険料や医療・介護費用への負担感
 1) 公的医療保険料、公的年金保険料、公的介護保険料に対する負担感は、いずれも前回より増加
 2) 公的医療保険の自己負担割合の改定等の影響により、過去1年間の入院1日あたりに要した自己負担医療費は15,200円に上昇
 3) 自分が介護してもらいたい場所については、費用が相対的にかさむ「施設」 希望が5割を超え、「在宅」希望は減少
 4) 老後に必要な最低日常生活費は1ヵ月当たり24.2万円となり、前回より0.7万円上昇
【“1日あたりの自己負担医療費”の続きを読む】

テーマ:保険比較 - ジャンル:ライフ


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。